テニス肘は整骨院にご相談ください

文責:院長 柔道整復師 佐藤 真弘

最終更新日:2022年11月10日

1 テニス肘について

 テニス肘の正式名称は、上腕骨外側上顆炎といいます。

 テニスをしている方に多い症状であることから、「テニス肘」と呼ばれていますが、テニス以外のスポーツや、日常生活の動作によって、テニス肘になるケースもあります。

 テニス肘になると、重い荷物を持ち上げる動作や、雑巾を絞る動作など、手首に負担のかかることを行った場合に、肘の外側に痛みが出やすいといわれています。

 炎症を起こしている部分を動かすことで痛みが引き起こされているため、安静時は痛みが生じないことが多いようです。

2 手首の負担を軽減させる意識を持つことが大切です

 上記で述べたように、テニス肘は、手首に負担のかかる動作を行うと痛みが出る場合が多いため、あまり負担をかけないようにすることが大切になります。

 とはいえ、普段の生活において手首を使う場面は多くありますので、無意識に負担のかかる行動をしてしまう方もいらっしゃるかのではないでしょうか。

 例えば、お仕事でパソコンを使っている方は、マウスをクリックしたり、キーボードを打ったりするかと思います。

 また、ご自宅や職場などでドアノブを回すこともあるのではないでしょうか。

 これらの動作でも、手首を使うことになります。

 このように、日頃からよく動かす部分となりますので、意識して負担を軽減させていくことが大切になってきます。

3 テニス肘をそのままにしてしまうと

 テニス肘を放置してしまいますと、炎症が慢性化してしまうおそれがあり、痛みが強くなったり、安静時にも痛みが出たりと、徐々に悪化してしまうリスクがあります。

 そうすると、改善までに時間がかかってしまいますし、肘に痛みがある状態が続きますと、日常生活に支障をきたしてしまうかと思います。

 テニス肘の初期段階は、痛みが比較的軽い場合もありますが、「たいしたことないだろう」と判断してしまわずに、お早めに適切な施術を受けることが大切です。

4 テニス肘は整骨院にご相談を

 当院では、「肘が痛む」というお悩みに対して、なぜ痛むのか、どのようなときに痛むのか、いつから痛むのか等をお伺いさせていただき、お身体の状態を確認し、その方に合った施術プランを判断してまいります。

 大まかな施術内容としては、テニス肘で炎症を起こしている部分に対して、炎症を抑えるための施術を行います。

 また、筋肉の緊張を緩めることで、血流改善を促し、痛みの緩和や自然治癒力の向上を目指します。

 実際に、どの部分にどのようなアプローチを行うのかは、一人ひとりの状態によって異なりますので、施術前に丁寧にご説明させていただきます。

 テニス肘でお悩みの方は、当院にご相談ください。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前8:30~午後12:15
午後3:00~午後 7 :30

※自費診療(整体等)
午後1:00~9:30
(完全予約制)

★ 交通事故によるケガは
平日午後9:00まで対応可能
(予約)

【土】
△午前8:00~午後1:00

【定休日】
日・祝

保険内施術:予約不要
保険外施術:要予約

所在地

〒121-0832
東京都足立区
古千谷本町2-6-17

03-5856-8126

お問合せ・アクセス・地図

PageTop