スポーツ障害

スポーツ障害とは?

 スポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)と、スポーツを続けることにで起こる身体の障害(スポーツ障害)の総称です。

スポーツ外傷

 強い外力が一度に身体に加わることにより生じる損傷のことです。
 運動中に他のプレイヤーとぶつかる、勢いよく転ぶ、捻る、ボールが強く当たるなどといったように原因がハッキリしています。
 しかし身体に働く力が大きい為、ケガの重症度が高くなりがちです。
 ケガの原因の背後に身体的な特徴や運動の癖など問題がなく、ケガの治癒が確実に得られ後遺症が少なく筋肉や稼動域の回復が十分に得られれば、競技復帰も可能となることが多いです。

 

【主なスポーツ外傷】
捻挫・骨折・肉離れ・打撲・脱臼・創傷 等

スポーツ障害

 スポーツによる使いすぎを原因として発生する痛みのことです。
 腱・靭帯・その付着部・関節・軟骨・骨組織などに、繰り返しの負荷が加わることによりこれらの組織やその周辺に炎症が生じたり、組織自体の変性や破綻を期することもあります。

 軽いものではプレー中・プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。
 日頃から身体のケアを心がけ、予防することが大切です。

 

【主なスポーツ障害】
腰痛・野球ひじ・テニスひじ・ジャンパー膝・アキレス腱炎・足底筋膜炎・疲労骨折 等

 当院では、昔ながらの漢方湿布を用いて腫れや痛みを即時に取り超音波・低周波を当てることにより筋肉を活性化させ治療していきます。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前8:30~午後12:15
午後3:00~午後 7 :30
※自費診療(整体等)
午後1:00~9:30
(完全予約制)
【土】
△午前8:00~午後1:00

【定休日】
日・祝

保険内施術:予約不要
保険外施術:要予約

所在地

〒121-0832
東京都足立区
古千谷本町2-6-17

03-5856-8126

お問合せ・アクセス・地図

PageTop